最新医療情報

2015.08.12

【最新検査】アミノインデックス

アミノインデックス(AICS)

アミノインデックスとは?

アミノ酸

アミノインデックスとは、血液中の各種アミノ酸濃度から、健康状態や疾病の可能性を明らかにする技術を活用した解析サービスです。人の体は約60%が水分で、約20%がたんぱく質でできています。体を構成しているこれらたんぱく質は20種類のアミノ酸から作られており、血中のアミノ酸濃度を調べることで、がんになるリスクを検査します。がんになるリスクをAからCのランクで検査することができ、事前にどのがんにかかり易いか知る事により予防をしていく事ができます。健康診断を受信するときに、合わせて受信して頂く事をお勧めします。

※アミノインデックスがんリスクスクリーニング(AminoIndex Cancer Screening=AICS)
※アミノインデックスは、味の素株式会社の商標です。

AICSの特徴

  1. 血液中のアミノ酸濃度測定による全く新しいタイプの検査です。
  2. 一度の採血で、複数のがんリスクを同時に検査できます。
  3. 早期がんにも対応した検査です。
  4. 採血による簡便な検査であり、健康診断で同時に受信できます。

AICSで何が分かるの?

検査対象のがん種は、男性(4種)、女性(5種)です。

男性 [4種] 胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん
女性 [5種] 胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん、子宮がん・卵巣がん*1

*1 子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんのいずれかのがんであるリスクについて評価する事はできますが、それぞれのがんのリスクについて区別する事はできません。

それぞれのがんについて、がんである確立を0.0~10.0の数値で(AICS値)で報告します。リスクの傾向は数値が高いほどがんである確立が高くなり、AICS値からリスクを判断する目安として3段階で示されます。
(「ランクA」、「ランクB」、「ランクC」に分類されます。

ランク分類
AICS値
ランクA
0.0~4.9
ランクB
5.0~7.9
ランクC
8.0~10.0
胃がん 1/3200
【0.3倍】

1/625
【1.6倍】

1/98
【10.2倍】
肺がん 1/2963
【0.3倍】
1/536
【1.9倍】
1/111
【9.0倍】
大腸がん 1/2000
【0.5倍】
1/789
【1.3倍】
1/122
【8.2倍】
前立腺がん 1/2222
【0.5倍】
1/469
【2.1倍】
1/156
【6.4倍】
乳がん 1/1509
【0.7倍】
1/556
【1.8倍】
1/250
【4.0倍】
子宮がん、卵巣がん 1/4000
【0.3倍】
1/682
【1.5倍】
1/86
【11.6倍】

上段:一般の方ががんである確立は、統計的に約1/1000(1000人に1人)といわれています。
ランク別のがんであるおおよその確立になります。

下段:一般の方ががんであるリスクを1とした時の、がんであるリスクの倍率になります。

AICSはがんであるリスクを評価する検査で、がんであるか否かをはっきりと判断するものではありません。がんであるリスクが0の人はいませんので、「ランクA」の場合もがんではないと言い切ることはできませんので、もし気になる症状が事がある場合には、医療機関で検査することをお勧めします。

AICS受信前の注意

血液中のアミノ酸バランスに影響を与える恐れがありますので、受信前に下記の注意事項をお守りください。
  • 検査前8時間以内に、水以外(食事、サプリメント等)は摂らないで、午前中に採血してください。
  • 下記対象の方は、AICS値に影響がありますので、検査は受けられません。
    妊娠されている方
    授乳中の方
    がん患者(治療中を含む)の方
    先天性代謝異常の方
    透析患者の方

AICSについてよくある質問

AICSを受ければ、他のがん検診は受けなくても大丈夫ですか?

検査にはそれぞれに長所と短所ががあり、補いあって使用されています。AICSは今までのがん検診とは異なる全く新しい角度からがんの可能性を見つけ出す方法で、併用することでがんを見つけ出せる可能性が高くなります。その他の検診項目も受けるかどうかは医師とご相談ください。

いっしょに他のがんも見つけれらないですか?

今回のがん以外のがん種に関しては、現在も研究が続いています。また、他の疾病に関しても研究が行われています。

検査前にすでに症状があった場合には、どうしたらよいですか?

検診は、症状の無い方のための検査です。明らかな症状がある方には、それぞれの体の状態に応じた適切な検査や治療が必要になります。症状のある場合は、必ず医療機関を受診しましょう。

AICSはどういう人が対象となる検査ですか?

AICSは、胃がん、肺がん、大腸がん、乳がんは25歳~90歳、前立腺がんは40歳~90歳、子宮がん(子宮頸がん、子宮体がん)・卵巣がんは20歳~80歳の日本人(妊娠されている方は除く)を対象としています。これらの方以外のAICS値は評価対象外となります。

AICSは一度検査をすれば良いですか?

この検査は、採血を行った時の、がんであるリスクを評価する検査です。生涯に渡ってのリスクを予測するのもではありませんので、定期的な検査をお勧めします。

健康診断予約

〒419-0114
静岡県田方郡函南町仁田楠台777-4
Tel : 055-979-2657
Fax : 055-979-2658

サイト内検索

モバイルサイト

Copyright (c) IZU Medical Farm Co,ltd. All Right Reserved